同窓会の会場の選び方〜いつまでに決める?種類や形式は?〜

MENU

同窓会の会場の選び方〜いつまでに決める?種類や形式は?〜

同窓会の幹事にはやらなくてはいけないことがたくさんありますが、会場選びもその一つです。
会場選びがうまく行くと同窓会はより一層楽しいものになります!
同窓会の会場の選び方を説明しましょう。

 

いつまでに会場を決めるといいか

同窓会と言っても色々な形があります。
ホテルや結婚式場で高級感たっぷりで行う場合もあれば、ちょっとカジュアルにレストランを利用したり、居酒屋でひたすら騒ぐだけなど、メンバーの雰囲気などに合わせて色々な会場が考えられます。
普通の居酒屋でやるのであればそんなに早く予約しなくてもいいかもしれませんが、ホテルや結婚式場で開催する場合を考えると3か月前には会場を決めておいた方がいいでしょう。
ホテルでは結婚式を優先して開催したいものですから、早く予約しないと利用できません。
また、結婚式場では結婚の準備に通常2〜3か月かかるためその時期を過ぎてからのみ宴会の予約を受け付けることが多いので注意しましょう。

 

会場の種類は最適なものを選んで

会場の種類は集まりの雰囲気や規模によって決めるといいでしょう。
学年全体の同期会などの規模の大きいものの場合は中堅ホテルや結婚式場がおすすめです。
また、名門校の同窓会などは高級ホテルで行われることもあります。
少しリーズナブルに行うならレストランやカフェダイニングもありますし、若い世代の同窓会や少人数で行うクラス会などなら普通の居酒屋でも十分楽しめるでしょう。
他にもクルーザーやバーベキュー会場、公営施設なども同窓会会場としては楽しいでしょう。

 

会場の形式

同窓会には立食形式と着席形式があります。
少人数だったり何度も開催したりしている場合は着席形式でもいいでしょうが、30人以上が参加するような場合は立食形式がおすすめです。
同窓会では色々な人と話したいと考える人が多いため、席を立って移動する人が多いものです。
そんな時に着席形式だと自分の箸やコップがどこにあるかも分からなくなり、料理を食べたい人も食べられなくなることがあります。
人数に応じて会場の形式も考えましょう。